督・製作Believe

小栗 謙一 Kenichi Oguri

映画監督・中平康氏(1978年逝去)に師事し、1981年、映像集団であるディレクターズシステムを設立。

映画、長編TVドキュメンタリー、CMなどの監督・プロデューサーとして活動する。著書に「ドキュメンタリーを作るということ」(TBSブリタニカ)がある。

■ 主な映画監督作品

1991年 山形国際ドキュメンタリー映画祭正式出品
地球環境映画祭正式出品
1992年

『able/エイブル』渋谷イメージフォーラムを始め、全国で順次公開

毎日映画コンクール記録文化映画賞

2002年

アリゾナ国際ドキュメンタリー映画祭正式出品

アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭正式出品

アメリカDOCtober Film Festival ベスト14ノミネート

2004年 『Host Town/ホストタウン』4月からロードショー後全国で上映
2005年 『believe/ビリーブ』2006年1月よりロードショー公開
2009年 『TOKYO JOE』ロードショー公開
2011年

『幸せの太鼓を響かせて ~INCLUSION~』角川シネマ新宿にてロードショー公開

『流れる雲よ』シアター・イメージフォーラムにて公開

アメリカDOCtober Film Festival ベスト14ノミネート

2012年 『天心の譜』シネマート新宿・シネマート心斎橋にてロードショー公開

作総指揮

細川 佳代子 Kayoko Hosokawa

NPO法人スペシャルオリンピックス日本前理事長。上智大学英文科卒業後、日本企業の駐在員として渡欧

1971年、細川護煕氏と結婚、その政治活動を支える一方でボランティア活動に積極的に取り組む。

1994年にスペシャルオリンピックス日本を設立。

「世界の子供にワクチンを」日本委員会代表としても12年にわたって活動を続けている。

2005年、アジアで始めて開催されたスペシャルオリンピックス冬季世界大会・長野の大会会長を務める。

1998年に小栗謙一監督と出会い、監督の企画に賛同。以来、本作にいたるまでシリーズ3作の製作総指揮。エイブルシリーズの製作・上映活動を行う「ableの会」代表も務めている。

赤平 勉 Tutomu Akahira

龍村仁監督作品『地球交響曲 ガイアシンフォニー』(第2作~第5作)、 前島監督作品『ミスターチルドレン』の撮影監督を務める。

TV作品は、NHK-hi 「悠々アラスカ客船紀行~氷河めざして3000キロ」「鳥獣戯画」「神々の玉座ヒマラヤ」、NHK「課外授業」、NTV「ベトナム大満足ツアー」、TBS「NTTデータスペシャル」「世界ふしぎ発見」「情熱大陸」、フジ「金曜エンターテインメント」、TV朝日「深夜特急」、TV東京「極める」など多岐にわたる。

小林 研一郎 Kenichiro Kobayashi

1974年第1回ブタペスト国際指揮者コンクール第1位、特別賞を受賞。その後世界的に活躍。現在、ハンガリー国立フィル桂冠指揮者、名古屋フィル桂冠指揮者、日本フィル音楽監督、チェコ・フィル常任客演指揮者などを務める。本作が初の映画音楽作品となる。

小林研一郎オフィシャルサイト https://www.film-able.com/believe/believe_staff.html

レーター

滝田 栄 Sakae Takita

文学座養成所から劇団四季を経て独立。舞台「レ・ミゼラブル」「リア王」などの主演で大成功をおさめる。

テレビは「なっちゃんの写真館」「徳川家康」など多数出演。
陶芸や仏像彫刻など活動は多彩で、現在仏像大作「不動明王」を製作中。抜刀術は四段。