ableの会のご案内

映画の鑑賞を通じて一人でも多くの方が知的発達障がいに対する理解を深め、同時にスペシャルオリンピックスの活動へのご理解とご支援を賜りますよう願ってやみません。誰でも可能性に挑戦するチャンスを与えられ、一人ひとりが大切にされ、障がいの有無にかかわらず全ての人をつつみ込む社会(インクルージョン)の創造が私達の目標です。まだまだ障がい者の事を知らないために、誤解や偏見を持っている人が多い日本です。

一人でも多くの方に是非見て頂きたい映画です。上映会の開催など皆様のご協力を心よりお願い申し上げます

ableの会 代表 細川 佳代子
ableの会 委員 近衞 甯子
三井 嬉子
監事 剱持 睦子

◎上映会日程、上映素材の貸出し申込み方法や販売物価格については事務局へお問合せ下さい。

からのお願い

1991年に初めてスペシャルオリンピックス(以下SO)に出会って以来、知的障がいのある方達との交流により、私の人生は大変豊かで味わい深いものとなりました。スポーツ活動を通して、彼らの自立や社会参加を支援するSOを全国に広め、2005年には念願だった世界大会を長野で開催することができました。終了後あらためて周囲を見廻すと、目指していた彼らの自立と社会参加は殆ど進んでいないことに気付きました。残念ながら、未だに国民の8割が障がい者に無関心であり、知らないがために無理解と偏見は両者の間に見えない壁を作ったままでした。

一方欧米諸国は、すでに「ノーマライゼーション」から「インクルージョン」の時代へと進み、障がい者の社会参加が当たり前と考える国民が過半数を超えています。インクルージョン社会(包み込む共存共生社会)の素晴らしさは、お互いの違いを認め、「皆が大切な存在」と実感できる世の中で、実は誰にとっても幸せな社会であると確信しております。

日本のインクルージョン社会を目指す活動を進めている中で、3年前、長崎県の「コロニー雲仙」を訪問する機会がありました。とりわけ感銘を受けたのが和太鼓集団『瑞宝太鼓』の存在でした。映画の主役でもある6人の知的障がいのある青年たちは、プロの奏者として活動し、地域社会の中では、家族と共に普通の暮らしを営んでいました。障がい者が生き生きと自立し暮らしているその町の風景は、30年かけて創造した理想的なインクルージョン社会でした。ここに暮らしている人々の、ありのままの姿を日本中の皆様に知らせたいという私の熱い思いは小栗謙一監督に伝わり、再びご一緒に映画の製作を決意しました。

『幸せの太鼓を響かせて ~ INCLUSION ~』は日本各地の24の劇場などでロードショー上映され、お蔭様で大変好評を得ることができました。

この度DVDを制作したしましたので、一人でも多くの方にご覧いただきたく、また支え合いのインクルージョン社会の実現にこの映画が少しでも寄与できますことを心より願っております。

Since I encountered the Spwcial Olympics in 1991, my life has been greatly enriched by interecting with popple with intellectual disabilities. Wanting to spread the ideals of Special Olympics, which support their independence and social engagement through sports, I established Special olympics Nippon in 1994 and 2005, our dream to host the world games came ture. Surveing Japanese society after the 2005 games, howwver, I realized we had made little progress towards our goals or their independence and social engagement. Unfortuneteli, 80% of Japanese public is oblivious to people with incomprehension and prejudice, in turn born of ignorance-remains in place.

Many Western countries have evolved from an era of "normalization," into "inclusion," with more than half of their populations convinced that people with intellectual disabilities have a right to social engagement. I believe that the advantages of an inclusive society are that we can acknowledge difference while experiencing every citizen as a "special life," a society that clearly increases everyone's happiness.

Three years ago, as part of my work helping transform Japan into an inclusive society, I had the oppotunity to visit Colony in Nagasaki prefecture. I was especially moved to meet the Zuihou Taiko drumming team. The six young men, who are the stars of this film, are professional musicians who live with their families among the local community. There I found people with intellectual disabilities living independently, the very embodiment of an ideal, inclusive society, created over the course of thirty years. Director Ken'ichi Oguri understood my strong desire to show the people of japan how these people are living independently and we were able to make this film together.

INCLUSION has been theatrically distributed warmly received in 24 Japanese cities. I hope many more people will see this film and inderstand Japan's current situation and support the realization of a truly inclusive society.

『幸せの太鼓を響かせて ~ INCLUSION ~』
製作総指揮 細川佳代子

ableの会事務局 able Society office

Yukinotsubasa Inclusion
Softtown Shirogane 302
5-22-11 Shiroganedai, Minatoku Tokyo, Japan
108-0071

TEL:03-6809-2008(Wed.Thu.)
FAX:03-6809-2008(Wed.Thu.)
e-mail:info@film-able.com
URL:https://www.film-able.com

住所:〒108-0071
東京都港区白金台5-22-11 ソフトタウン白金302 勇気の翼インクルージョン 内

TEL:03-6809-2008(水・木)
FAX:03-6809-2008(水・木)
e-mail:info@film-able.com
URL:https://www.film-able.com